「ほっ」と。キャンペーン

自転車&オートバイ


by habayoshi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

バイク半生を振り返るー④

そろそろラストに向けてスパートをかけてゆきましょう!
え~っと、何処まで書いたかな?
最近風邪をひいて記憶がうつろです。(涙)




【6thバイク】
所有期間の長かったTT-Rですが、7年も経つといろいろと不具合がでてきます。
動力系は問題ないのですが、オイルが漏れはじめたりとマイナートラブルが始まります。

当時は転勤のため、埼玉県でも鴻巣市という奥地に住んでおり身近なバイク屋といえば赤男爵がメインでした。

メンテで持ってゆけば『TT-Rは漏れ始めると一度エンジンを開いたほうがいいですよ』と
とんでもない助言をいただき、一気に買い替えモードに(バイク屋のいいお客でした)

折角だからまた大型がいいなーという思いと、駐車はマンションの1Fの駐輪場なので
馬鹿でかいのは置けないとの理由でこいつに決定!




《YAMAHA SR500》
f0131778_19473946.jpg


またSRかよ!
その頃はスカチューンもはやりだしたりして、また興味をひかれたのです。(流行に弱い)
でも一番の理由は、SR400以上のトルク感を期待したのであります。

さて納車の日、なれたキック始動で颯爽と走りはじめますが......

あれ、あれ、れれれれ.......

何じゃこの貧弱なトルクは??????

どうやら、それなりにさまざまなバイクに乗ってきた私には
SRのトルクは小さくなりすぎていたようです。

家に着くまでには、次は何に乗ろうかと考えていました。(爆)






【7thバイク】
それでも2年弱はSRに乗ったでしょうか、東京へ帰れることにもなり新規一転買い替えです。
やっぽオフ車がいいなーと思い色々と調べるも、以前に比べ選択肢がありません。
(オフに乗るニーズが少ないのですね)
TT-Rはすでに絶滅、HONDA車は悪くないけど少し高い。
そんな時になかなか魅力的なやつがいました。



《SUZUKI DJEBEL250XC 》
f0131778_2011079.jpg

セル+キックレバー/リアキャリア/ブッシュガードが標準装備でお得なおねだん。
決め手は、ビッグライトの迫力フェイス!

しかし、運命は悪戯です。
やはり納車日の帰り道、なんかギアのつながりがしっくりきません。
まあこんなものかな?初めてのスズキだし。

こんどは、なんだかエンジン音がでかくない?
まあ、スズキの好きな空・油冷エンジンはこんなのかな。

とはやくも雲行きが怪しいです(爆)

そして決めては、最悪な始動性の悪さです。
冬は30分かけてようやく走り出せます。
そして私は、真夏のように汗だくです。

あとで判ったのですが、スズキはもともと電気系が弱く、始動性もよくないとの事。
当然のごとくドナドナです。二度とスズキ車なんか買うかボケ!(スズキファンの方ごめんなさい)
やはり安いには、それなりの理由があります。






【8thバイク】
早くスズキ地獄から抜け出すべく、バイク屋を物色していると格好の良い彼女を発見!
程度と仕様の割りにはかなりお買い得です。



《KAWASAKI ZEPHYR750》
f0131778_20175656.jpg

ブレーキホースもメッシュに換えてあるし、綺麗な車体です。
決め手は、やはりカワサキの空冷4発エンジンの排気音でした。


ZEPHYR400も良いバイクでしたが、750はまた違う魅力があります。
とくにエンジンは1976年に登場したZ650(通称ザッパー)系のエンジンがルーツであり
メッキパーツも多く使われ、いままでの私に無かった『磨く』というジャンルをつくりあげました(笑)


小柄な車体に伝統の空冷750エンジンはなかなかの快速号です。
プレスやジムカーナで人気なのもうなずけます。





【9thバイク】
そして2年近くの月日が経ちいよいよ『あの日』が近づいてきました。
そう、私のバイク辞典に『車検』という文字は無かったのです!

そしてゼファーを購入した店へまたもや物色しに。
またもや、はやりに乗ってこんなの買っちゃいました。




《YAMAHA T-MAX500》
f0131778_20322839.jpg

私のは左側です。いわゆるビッグスクーターというやつですね!


f0131778_20492125.jpg



こやつは、スクーターのジャンルにありながらYAMAHAがスポーツスクーターと銘打つだけあり
想像以上の動力性能を発揮します。

まずシグナルグランプリで、他のスポーツビッグバイクに負けることはありませんでしたし
峠においても乗り手しだいではとてつもなく速いです。

私は峠よりも、ヘンテコカスタムに凝っていましたけれどもね。


・テールライトLED化(自作)
f0131778_20512140.jpg

適当に基盤をかたどり、LEDをまぶします。


f0131778_20445135.jpg

走行時はこんな感じ


f0131778_2045672.jpg

パット点灯
簡単に作ったわりにはいいでしょう?

スクーターは空きスペースが多いので、走りとは違う楽しみかたができますね。
[PR]
by habayoshi2 | 2008-01-27 20:56 | オートバイ